ウールの着物とは?

着物を買取してみたいと思っている方は多いと思います。そんな着物なのですが、ただ何となく、着物っぽい柄であれば着物という認識の方もいるでしょう。当然ではありますが、着物にも洋服同様にその素材で質が変わって行きますし、安価なものから高価なものまで様々あるのです。その中でも、シルク、絹の素材で作られる着物が人気となっています。多くの着物もメーカーで高級品とされているのは、この絹の着物なのですが、着物の中でも取り分け人気のあるのがウールで仕立てられたものなのです。ここでは、そんなウールの着物に関して紹介していこうと思います。買取需要も高い着物ですので、覚えておくと良いでしょう。

ウールが人気の理由

まず、着物を仕立てる時にウールが使われる理由などを見て行きましょう。そもそも、ウールは羊毛でありニットなどによく使われている、あの素材です。ウールの種類を見て行くと、たて糸によこ糸で全てウールで仕立ててある着物があります。さらには、前述した絹とウールをミックスして作られたものなど様々なある事が分かります。ウール自体は柔らかく加工しやすいその性質上、紬風、絣風、お召風など様々な着物に使えるので人気があるとの事です。さらに、ウールの中には絣ウールというものもあり、たて糸によこ糸もウール仕立てという伊勢市で作られる有名な着物の素材です。格子や絣柄に織られており、素晴らしい着物としても広く知られているのです。

ウールが着物に使われる理由

ウールが着物に使われるのには、何か大きなメリットがあるからなのでしょうか。他にも、着物には様々な素材があるのですが、何故にウールなのか。まず、ウールは普段着としても他に使われており、手入れが楽で軽いという特徴があります。着物にとっても、こういった素材で仕立てるだけでかなり需要が広がります。さらに、着物だけではなく、ウールアンサンブルという着物と羽織も存在します。ウール自体が手入れが楽なために、単衣での仕立てが多く、昔のように面倒な和裁を必要としないのもポイントなのだそうです。冬場になってくると、ウールの単衣は長襦袢の下に暖かい下着を着たり、襟巻きなどを必要とするようになります。オシャレも楽しめる訳です。

普段着として活躍しれくれる

ウールの着物となると、絹などの高級品とは違い、どちらかというと日常着という位置づけとなります。そして、日常着の中でも家事も行う事ができるという、万能はイメージで作られています。日常着として着物を切る機会が減っていますし、ある意味では家系や職種の関係上、一枚も着物を持ち合わせていないという方の方が、多いかもしれません。しかし、ウール素材の着物は非常に軽くカジュアルに着こなす事もできますし、引き締まった気持ちになるのでとてもおすすめです。さらに、着物の観点から見ても、ウール独特の素材感があり、愛らしい優しい風合いに仕上がる事も特徴なのです。普段着としての使い方ができれば、着物上級者となれるかもしれませんね。

ウールの着物の品格

洋服の場合は、ドレスなど様々な素材で作られます。ハイブランドなどは、普段使いできるようなスウェットなどで敢えてラグジュアリーなドレスを作ったりと、遊びに満ちあふれていますが、着物となるとなかなかそうはいきません。素材だけでも大きく印象も変わりますし、しっかりとした品のある席に呼ばれた場合はそれなりのレベルの着物を纏わなければいけません。ウールは非常に着物の素材としても人気が高いのですが、やはり日常着としての位置づけとなっているので、あまり品格の高いような席には着ていかない方が無難かもしれません。とはいえ、その愛らしい姿などには人気もあるので、何枚でも持っていれば便利に使える事は間違えありません。

着物買取店.netのTOPへ