夏の着物を紹介

夏の着物にも様々な種類がある

着物と聞きますと、品が良く何となく正装しているイメージが先に浮かぶとは思います。
しかし、こういった着物にも洋服同様にシーズンがあり、そのシーズンによって素材や仕様が変化していきます。

着物の買取などに興味がある方であれば知っているでしょうが、着物には春夏秋冬それぞれのものがあります。
当然ではありますが、それは柄にも影響していきます。
日本人独特の感性で仕上げられるそのさまざまな柄は、見るだけでもその季節を映し出すような美しいものです。

さて、ここではそんな着物の中でも夏物はどういった仕様になっているのか、そこのところを紹介していこうと思っています。
ぜひ、夏場の着物に興味がある方は読み進めてみて参考にしてみてはいかがでしょうか。

夏の着物というと

まず、着物は暖かみのあるようなイメージがあるかもしれません。
冬場にTシャツ短パンという人はあまりいないと思いますが、着物であればあまり違和感はないでしょう。

しかし、季節が全く逆になったとすれば、夏場着物はとっても暑苦しく見えてしまうはずです。
帯でしっかりと留められたタイトなシルエットは、きっと汗だくになってしまのだろう…と、そういった懸念さえ浮かびます。

実は、夏場の着物は綿や麻などで仕立てる浴衣や絽(ろ)や紗(しゃ)、縮(ちぢみ)などさまざまなものがあるのです。
軽やかな素材を使っていることもあり、そのヴィジュアルも非常に清涼感があるのです。
では、早速そんな夏の着物を見ていきましょう。

夏場の着物といいますと、絽を思い浮かべる方もいるでしょう。
この絽なのですが、搦織(からみおり)の1種とされており、たて糸の搦(から)みで透ける織物となります。
透け感が美しく、そのルックスも軽やかで人気があります。
まさに夏らしさがあふれた着物ですよね。

また、この絽なのですが、2種類の織り方が存在しています。
生絽(きろ)と呼ばれる方は、織り上げてから精練し、白生地に織っていく方法となり、絽練り糸を染めてから織ったものと白練り糸だけで織るというものの2種類となっています。
絽縮緬(ちりめん)や絽綴(つづ)りなど、織りの組織を変化していくだけでも、結構な種類があるので案外楽しいのです。
夏場の着物なのですから、冬とはまた違った雰囲気でサラッとオシャレを楽しむには、こういった具合がいいですよね。

絽の種類

では、前述した絽の織り方の種類でどういったものがあるのか、細かく見えていきましょう。

まずは、平絽(ひらろ)です。
こちらは、たて糸を横糸に搦(から)ませるようにすることで平織りにしたものを言います。

この搦みによって空間ができるのですが、これを絽目と呼んでいます。
横糸三本、五本、七本と、その間にたて糸を搦ませていくと、それぞれに三本絽、五本絽、七本絽とネーミングが変化していきます。

絽の中でもとりわけスタンダードなものとなっており、多くの絽はこの平織りでできています。
薄く、機能性にあふれているだけでなく、その独特の透け感などが人気です。
高価なものも多いですが、安価なものもありますので、日常使いにももってこいということで人気が高いと言われています。

その他の絽

では、この平絽以外には、どういった絽が着物にあるのかチェックしていきましょう。

まず、よこ絽ですがこちらは絽目が横糸の方向にあるものをこう呼んでいます。
それと同様に、縦色の方向に絽目が出ている場合がたて絽となっていきます。

また、絽綴と呼ばれるものがあるのですが、こちらは横糸の密着したものを綴織に編み込んだものを差して言います。

ちょっと変わったところで、駒絽(こまろ)というものもあります。
こちらは、先練(さきねり)と後練という2種類があり、常の縮緬類の糸を使用しており、組織を絽の織り方にしていくことで出来上がる絽となります。
非常にサラっとした風合いとなり、爽やかで夏らしさを感じさせる出来上がりとなります。

絽縮緬(ちりめん)も人気ですが、こちらは縮緬類の糸を使用していて、組織を絽の織り方で作られます。

これを機に、ぜひ夏の着物に興味を持ってみてはいかがでしょうか。

着物買取店.netのTOPへ