知ってて得する、着物の帯の種類

着物を着る時に重要になってくるものと言えば、当然であはりますが着物本体そのものです。
しかし、着物自体はそれだけで着こなす事ができません。
そこには、様々な付属小物が必要となってきます。
その中でも着物本体と並んで大きな存在となってるのが、帯ではないでしょうか。
着物の帯は洋服でいうベルトのような役割をしているのですが、ベルトとは違って、どんな帯を選ぶかによってもその着物の印象がガラッと変わってくる大切な要因となっているのです。
そもそも、こういった着物の帯で季節感を表したり、さらには身分を示したりと、その用途の様々だったのです。
そういったところで、ここでは、そんな着物の帯の種類には何があるのか。
この辺りに注目して皆様に紹介していこうと思います。
是非、参考にしてみて下さい。

女性もの帯の種類 .その1

着物といえば、基本的には女性もの思い浮かべる方が多いと思います。
勿論、男性用も多数ありますし子供用もそれなりに沢山あります。
しかし、やはり着物の世界でいうと女性用ものが多く、市場に出回っている種類でも圧倒的に女性ものの帯が多いのが特徴となっているのです。
さて、そんなところで早速女性用の帯の種類をここで見て行きましょう。
まず、丸帯ですが、こちらは1丈8寸 (409cm)1尺8寸 (69cm)振袖、留袖が基本となっています。
通常、この丸帯が一般的に使われているようです。
また、珍しいところだと袋名古屋帯があります。
こちらは、1丈2尺4寸 (470cm)で8寸の長さ。
ウール、お召、小紋、大島、結城などで使われることが多いようですね。

女性もの帯の種類 .その2

女性用の帯の種類は非常に多いので、もう少し紹介していこうと思います。
まず、多く見られるのが八寸帯です。
長さの基本としては、1丈4寸 (395cm)8寸 (30cm)ゆかた、サマーウールに使われる事が多いとなっています。
その他の六寸に四寸の帯になると、用途としては浴衣に使われるのが一般的であると言われています。
また、小袋帯ですと、9尺 (340cm)4寸15cmで、用途がウール、縞、絣、お召などとなっています。
絶妙な長さとなると、京帯がありますが、こちらは9尺4寸 (355cm)で8寸 (30cm)となります。
用途はウール、縞、絣、お召と、こちらも広く使う事ができうので、重宝する帯の種類のひとつとして知られています。

男性用の帯

さて、前述しましたが、着物が男性用も様々なものがあります。
しかし、女性用に比べるとそこまで多くの種類がある訳でもなく、スタンダードな部分をひとつ手に入れておけば、多くのものに使う事ができるので便利ではないでしょうか?まず、ここで紹介したいのが、角帯です1丈5寸 (400cm)で2寸5分 (10cm)となっており、正装、礼儀用、男きものなどに良く使われている、そんな帯となっています。
そして、良く見られるのが、兵児帯です1丈5寸 (400cm)2尺4寸 (90cm)の長さとなっており、外出着から普段着の男のきものなど、用途もそこそこ広いのです。
男性用であれば、この二つを抑えることで一先ずは問題なく様々な着物を楽しむ事ができるでしょう。
是非、揃えてみてはいかがでしょうか。

こども用の帯

さて、最後に女性用と男性用など、性別の区別をつくことなく紹介するのが子供用です。
子供は、晴れ着もあるのですが、それは非常に特別な事であり、基本的には特別着物に決まった種類が無いようです。
ざっくばらんな、そういった着物が多いのでそういった意味では、案外帯にこだわる必要も無いのかもしれません。
さて、ではそんな子供用の着物の帯なのですが、よく見られるのが祝い帯となっています。
こちらが、長さなどが、3尺 (114cm)で巾が3寸 (11.5cm)となっています。
子供用のきもの一般に全て使う事ができる便利な種類ですので、何個か持ち合わせていると、とっても便利なのではないでしょうか。
このように、帯にも種類が様々あるようです。
こだわった1本を手に入れてみてください。
着物買取店.netのTOPページへ