着物以外の和装品買取

着物の装いに欠かせないのが小物類です。
洋服同様、コーディネートのセンスは小物類に現れることもあり、かなりこだわって帯留や着物用の鞄等集めている方も多くいます。
着物や帯はもちろん、和装小物も合わせて買取できるお店も多くあります。
お茶の道具など着物が関わるものは買い取ってもらえたら嬉しいものです。
小物類は価値がつかないのでは?と思う前に着物買取店を調べてみましょう。
思いがけず小物の価値が見出されることもあります。

種類豊富な和装小物

和装小物は種類も多くあり状態や素材、ブランドによってその価値は様々です。
着物や帯と合わせて不要な和装小物を眠らせているなら着物と一緒に買取につながれば嬉しいものです。
着物だけでなく和装小物も買い取ってもらいましょう。
種類豊富な和装小物の種類は、長襦袢、コート、道中着、つけ帯、なごや帯、丸帯、袋帯、半幅帯、博多帯、単帯、兵児帯、角帯などの帯全般、反物、帯締め、帯揚げ、帯留め、帯枕、腰紐、伊達衿、半襟、足袋、草履、バッグ、子供着物、扇子、着物ハンガー、風呂敷、ふくさ、かんざし、巾着、コーリンベルトなどがあります。
帯には丸帯・袋帯・名古屋帯等シーンによって多くの種類があり、旗屋、作家によってもその価値は様々で、着物よりも高価買取につながるものもあります。
主な帯の種類は西陣や紬、博多献上等さらに様々な種類や素材があります。
種類が分からない帯や作家もの等貴重な帯も、しっかりその価値を見極めて高値を付けてもらいたいものです。

着物には帯がつきもの

帯は着物にはつきものの和装小物なので、今では帯だけでの買い取りもしてくれ、着物よりも高値が付くこともあります。
さらに染め、織りから種類、旗本や作家など多くの高額査定要素があります。

  • 袋帯:
    礼装用として、振り袖、留袖、訪問着、付け下げ等に幅広くあわせられる袋帯。
    織り方や柄も様々で、礼装用にはおめでたい柄や刺繍が施されたものを選らぶのがよいとされます。
  • 名古屋帯:
    外出気からおしゃれ着まで、幅広く使用される名古屋帯。
    織り・染め両方ありますが、西陣織などは格のある着物に。
    紬の織りや染めの帯はおしゃれ向きといわれます。
  • 丸帯:
    花嫁衣装の振り袖等に用いられる丸帯。
    かつては礼装用はほぼ丸帯でしたが昭和に入り袋帯に序助におきかわっていきました。
  • 半幅帯:
    帯幅の半分の幅というところからその名前は来ています。

小物選びにも個性を

着物に合わせる小物には着る人の個性が表れます。
豊富な種類があり、華やかな小物類は、ついつい沢山集めてしまうという方も多と思います。
しかし着物を着用される方が減少している現代では、使わなくなった帯留めや帯締めなどの小物を譲りたくても譲る方がいないという方もいます。
櫛やかんざし、こうがいなどは雅やかな物や、玉を挿したシンプルな物もあり、多種多様な小物があります。
帯留は象牙や瑪瑙を使ったものや金工師によって作られたものや木製や漆塗りのものなど素材も色形も豊富にあります。
四季に合わせて揃えたり好みで集められる方もいる小物です。
他にも帯締めや帯揚げ、羽織を着用する際に使用する羽織紐、和装バッグや足袋なども個性を出すためのアイテムとしてこだわって持つ方も多いです。
使われなくなった帯締めなどが大量にあったら、着物と合わせて査定すれば高価買取が望めます。
着物以外にも茶道具や骨董品などを買取りしている買取店もあります。
茶道をたしなまれる方の中には、茶道具の他に稽古用着物や訪問着等の着物を所有の方がいます。
そして茶道の道具を処分する場合でも、着物と茶道具一括で買取できるお店もあります。