着物買取までの流れ

着物買取は実は買取店によって買取方法が違ってくる場合があります。
店頭買取はもちろん、出張買い取りや宅配での買取を行っているところもあります。
様々な買取方法があるのでニーズに合った買取方法が見つかれば着物買い取りに踏み出せるのではないでしょうか。

店頭買取

近くのお店に直接着物を待ちこんで買い取ってもらう一番わかりやすい方法です。
近くに着物買取店があれば着物と身分証を持っていくだけですぐに査定してもらえます。査定員と直接交渉もできるので安心です。

出張買取

着物買取店は少し遠い、量が多くてお店に持っていけない、そんな方のために出張買取があります。連絡一本で自宅に来てくれます。
しっかりとした業者であれば担当者から何点か質問されることもあります。
そうすればその後の連絡や出張買取がスムーズになります。

  • 買取を希望する品物について
  • お客様や代表者の名前
  • 住所
  • 当日に連絡のとれる電話番号
  • 現場または付近の駐車場の有無

など車で来る業者がほとんどですのでしっかりと伝えておきましょう。事前調査で決定した日時に来てくれます。
買取を希望する着物の状態などを詳細に拝見て査定してもらいましょう。事前に相談した品物以外も査定可能です。
お気軽にお申し出下さい。当日は査定希望の着物・帯・小物などを用意をしておきます。
また、準備し辛い場合はお手伝いしてもらえます。
出張買取でも店頭買取と変わらず1点1点、商品を直に査定してもらえるシステムです。
可能な限り、遠方の場所でも出張査定してくれます。
出張査定はすべて無料という買取店も多くあります。
新しい物から古い物まで、少数の方も相談してみてください。
最終的に査定金額に納得すれば、その場で査定金額を現金でお支払というところも多く、査定金額は訪問時に提示されます。
評価・管理方法などもアドバイスしてもらいましょう。

宅配買取

遠方でお店に行けない方、近くに着物買取店が無い方にはおススメです。
着物をダンボール箱などに梱包して、着払いにてお店まで送るだけです。
送る際に着物と一緒に送るものがありますが、それさえあればスムーズに買取が行えます。

  • 身分証明書のコピー(免許証、健康保険証、パスポートなど)
  • 電話番号かメールアドレス
  • 振込み先の銀行口座番号
  • 着物の作者や大きさなどの概要

品物がお店に到着し次第、査定人が査定を行います。
その後、査定額を電話やメールにて連絡してくれます。

委託販売

買取とはまた違います。
着物・帯をお店で預かって、販売されます。
買い取りと違い即現金化は出来ませんが、希望額により近い金額での販売が可能です。
店頭でお預かりされ、検品し販売価格を設定します。
お客様のご要望金額があればその金額を参考にしてくれます。
預かり期間があり、お店によって変わりますが大体商品の預かりは半年くらいでしょう。
売約しなかった場合は返却させていただくか、値下げして期間延長、もしくはお店が買い取ります。
買い取った着物は一般的な着物買取専門業者は自社では販売せず、市場やオークションに出荷します。
そのため、小売業者にたどりつくまでの中間マージンを考慮して着物買取価格を算出しなくてはなりません。
買取商品は自社で販売している方が高額になるかもしれません。
参考までに、査定金額の基準は、品種、サイズ(柄などの流行・昔のものはサイズが小さい)、きものの状態(年代・汚れ・シミの状態 裏地の状態)、製造工程などのグレードによって判断されます。
取扱商品もお店によって違ってくるので事前に調べていきましょう。
インターネットで簡単な査定をしてくれる買取店もあるので着物を売る前にリサーチしてみてはいかがでしょうか。