着物を高く買取してもらうために

近年、着物への関心が高まっており、着物を着る人も増えています。
震災によって上質な着物が大量に流され、着物の価値も高騰しています。
また、伝統工芸の継承者が減っていることから江戸、明治、大正、昭和初期の際限が難しい作品の文化財としての希少価値も評価されています。
良いものを良い値段で手に入れるために中古の着物を手にする人も少なくはありません。
その為に着なくなったもの、代々伝わってきた古い着物はリサイクルやリメイクされて新たな形になって次の世代に渡ることもあります。
そのため着物の買取を強化するお店も増えています。
ただ売るのではなく、大事なものや価値があるものは高く買い取ってもらえたら嬉しいものです。
高く売るための豆知識を紹介します。

伝統工芸品、重要無形文化財

伝統工芸品や重要無形文化財、人間国宝、有名作家の着物は高値で買い取りされます。
友禅作家で人間国宝の羽田登喜男は緻密な作品が多く、鴛鴦の模様は特に人気があります。
他にも、辻が花染めで知られ、海外でも評価の高い久保田一竹、唐子と呼ばれる童子の図柄が特徴の由水十久などの有名作家の着物が高価買取されます。
着物に銘や落款が入ったものは高値が付きますが、銘や落款が入っていない着物でも出来の良い着物は高値が付きます。 その際に証紙があるとさらに高価買取が期待できます。
証紙は着物仕立て時のはぎれや、大島などを記載した紙や布です。
証紙がなくても買い取りはしてくれますが、ブランド物のギャランティカードと一緒なので高額買取を望むなら証紙があった方が良いでしょう。
買取の際に着物や帯と一緒に査定してもらいましょう。

丈の長い着物

現代の人は昔よりも高身長の人も多かったり、背の低い人や恰幅の良い人もいたりと様々です。
買取の際は丈の短いものよりも、お直しなどの融通も利く丈の長い着物が主流になっているのが現状です。
その為、査定員が着物を着ていた方の身長を聞くこともあります。
身丈160cm前後、裄丈65cm前後が高価買取価格になっています。
背の低い方の為に仕立てた着物でも着物のレンタル店や、着物教室、市場や着物処分業者などの販路を抱えている買取店は高値で買取してくれる場合があります。

状態が良いもの

シミや傷、汚れのない着物、未使用の着物はもちろん高価買取につながります。
長時間放置された着物は一見綺麗に見えても焼けていたり、色がくすんでいたり、裏地にシミができていることもあります。
状態が悪いものは値段が付かない場合もあるので買い取りを依頼する前には確認も必要です。
着物でよく汚れてしまう部分は襟、袖、袖口、上前、裾です。
袖口、裾、襟は着用するごとや化粧の汚れが多くあり、上前は食事の跳ねこぼしによるシミ、お尻周りに座った時についた汚れ、袖下の汚れ、褄下の上部分や襟元は着用時に触れることが多いので汚れやすい場所です。
汚れた場合は市販の染み抜きや溶剤を使って自分で処理しようとするとかえって汚れを広げてしまうことがあるので専門のクリーニング店に出すことがおすすめです。
保管の際は湿気に気を付け、年に一度は虫干しをしましょう。
高価買取につなげるためには普段から着物を大切にすることが必要です。
業者によっては枚数だけ見て「まとめていくら」「重さでいくら」という査定をする買取店もあります。
それでは納得できません。
着物のニーズも地域によって変わります。
関西では大柄で優美な花模様や京友禅などの色鮮やかな、はんなりした着物が好まれ、関東では江戸小紋、無地、縞などシンプルな柄紬や紬などのシャープで粋なものが好まれます。
査定の知識を知っていれば高価買取につながるでしょう。